本音100%。感じたことのすべて。

日本のゆとり大学生の本音。そのときそのときのわたしの本音。考えが変わるが、それもわたし。

スマホとわたしの2人だけの空間

スマホって不思議じゃないですか?


スマホを使っているときって、自分と携帯の2人の空間が存在してるような気がしませんか?


スマホを通して交信する相手は実在する人だとしても、自分と直接関わっているのはスマホ。人ではなく、機械。

 

自分とスマホで一つの世界、スマホと友達で一つの世界があって、その二つの世界がこれまたネットの世界で繋がっている。


スマホばっかりずっと使う生活って、存在しない世界を生きる生活じゃんって思いました。そんなの嫌です。もっと人間としての感覚をフル活用していきたいです。

 

話は戻りますが、
画面に集中していると、画面の世界に入り込んでしまいます。今はスマホのメモに書いているのですが、わたしの神経はスマホの中にあって、実在する隣のの人には一切行っていない。


ふと携帯をいじるのやめて、周りを見渡すと「あ。」と我に帰る。


電車で冷静に周りを見ると、いろんな人がいて、それぞれ別の過程があって、パートナーがいて、違う日常を歩んでるんだなって。

 

なんか不思議な感じがしました。

 

隣のおじさんはおじさんの世界を生きているんだよね。

 

今同じ空間にいるけど、お互い違う空間の中にいる、この感じ。

 

なんとも言えないけど、スマホ大好きだけど、ありがたいけど、魔力あるよね、スマホって。

 

スマホ様の世界に引き込まれて現実意識しなくなるもん。

 

まあでも、スマホスマホ言ったけど、本読んでても自分の意識は本の中に行くし、まあ意識が別の世界に行くのって悪いことでは全くないよね。

 

ただ、現実世界もちゃんと生きようって思った。そんなかんじ。