本音100%。感じたことのすべて。

日本のゆとり大学生の本音。そのときそのときのわたしの本音。考えが変わるが、それもわたし。

嫌なときはとことん病むのがわたしの解決法。

最近、嫌なことたくさん。

 

原因は1つなんだけど、

そのことがあるたびに、

やりたいことが全部なくなって、病む。

 

 

ネガティブでいいことないのもわかってるし、


自分を変えるのは自分だけなのもわかってるけど、


それでもやっぱりつらいし、なにもしたくないもんはしたくない。


歩いてるだけで涙がでてくるし、

メンヘラ化する。キモいなあ。


だれにも会いたくなくなるし、

元気になるまで、とことん病みたい。


全部がいやになる。

 

自分のいやなとこがとにかく全部いや、目の前のことも全部いや。なにもしたくない。って。


そんなときは、ただ、嫌な気持ちを受け入れて、ひたすら病む。


目の前のことから逃げたいし、現実を見たくないのでひたすら寝る。


でも、不思議なことに、ひたすら病んで、ひたすら寝ると、いつのまにか元気になります。


なにしてるんだろう?って。


帰る家もあって、

健康で、

友達もいて幸せじゃないか。ってなります。


とことん病むと、日常のちいさな幸せに気づきます。


もういいやー。って吹っ切れます。


吹っ切れると、

 

人生短いし、

楽しまなきゃなー。

若い時期なんて一瞬だぞー。


もっと楽しいことしよー。ってなって、


おいしいランチしよう。とか、

ジムのあのクラス参加しよう。とか

自分を幸せにすることがだんだん見えてきます。


まあ、だから、

嫌なときは、

無理にポジティブにならずに、

とりあえず病むと、

普段は目につかない日常の幸せに気づいて、

いつのまにか元気になるっていう。

 

無理にポジティブになろうとしても、

自己嫌悪になって辛いので、

無理はしません。

 

嫌なときは、病む!


最近、嫌なことが多くて、

その度に自称うつ病になるし、

なにもしたくなるなるけど、

だいたい1日病むと元気になるので、

嫌なときは治るまで

ひたすら病んでいます。

 

病むのもべつに悪くない。

 

ポジティブな人のポジティブなアドバイスを聞くより、病んだほうがいい人もいる!