本音100%。感じたことのすべて。

日本のゆとり大学生の本音。そのときそのときのわたしの本音。考えが変わるが、それもわたし。

目標達成できない理由

目標達成することがすべてなのだろうか。

そもそも、目標達成って何のためにするの?

現状を変えて、理想の姿とのギャップを埋めるために目標を設定するんでしょ??

 

なら現状で満足してたらいくらたっても目標なんて達成できないじゃんって話。

 

 

世間一般にすごい人、成功者と言われる人はみな同じようなこと言っているなあ。と最近感じた。


同じことではない。同じようなことを言っているのだ。


物事の本質はいつの時代も同じで、「言われてみればそんなの当たり前」ということを実践している人が成功する。そういうことなのだろう。


たとえば、人と違うことをして功績をあげた人の自伝を一気に読むと、皆共通して言っているように思う。


「人と違うことをして有名になる」
「競争相手の少ないところで一番になる」
「長期的スパンで考える」
「思い立ったらすぐにやる、先延ばしにしない」
「今この瞬間から未来を変えられる」
「最後までやりきる」
などなど。


成功者は同じようなことを言う、そしてそれらを様々な方法で実行に移しているのだ。


成功している人と凡人との差は実際に行動できるかどうか。目標設定するだけでは凡人。目標を設定してそれに向かって行動できる人が成功できる人。


これだけの違い。しかし、これが難しいのだ。


最近、本をたくさん読むようになって、名声とお金を手にしている成功者たちは皆高い目標をもち、実現に向けて行動してる。ということを再認識した。(本を読むたびに感じるから正確には再再再再再再認識)


だからあなたも彼らのようになりたかったら〇〇しなさいっていうアドバイスを何個も読んだ。


それを読んで思うことは、
目標達成のための努力してるときってあんまり幸せじゃないなあ。ってこと。


もしすごい人になったらそれは幸せなんだろうけど、わたしは今も幸せだよ。っていう。


はあ、凡人。


より良い生活を手に入れるためには〇〇っていうけど、良い生活なんて人によって違うし、究極的には目標なんて達成しなくてもいいじゃん。っていうゆとり世代

 

そこで、感じたことがある。

 

成功者は成功者するために〇〇ってことをしていた、だから成功したければ、、、って言うけど、


現状に満足してたら何度それらを聞いたところでなにも変わらないし、そもそも本気で変わろうとすら思ってないよね。ってこと。


受け身では何も変わらないよね。はい。


「わたしにはできない。」のではなく、わたしはやる必要性を感じていないんだな。

いつまでたっても「そうなったらいいな」っていうbetterを求めてるだけ。そりゃあ原動力なんてちっぽけになるよなっていう。

 

日本の世界と比べた原動力のなさの原因もこれだろう。危機感のなさ。


世界と比べて現状があまりにも満ち足りすぎているゆえに(世界と比べて)原動力がない日本。


(日本の中で現状に満足していないひとはそれを変える原動力を持っているのは承知だ)


だから、日本は落ち目って言われているけど、現状に猛烈な不満を感じるようになったらそこからはまたグングンあがっていくんじゃないかなあ。


それも程度問題だけど。

 

現状に本気で不満を感じなかったら、目標達成のために頑張るなんて無理だよね。

 

むしろ頑張ることで不快になることさえあるよ。

 

今いる現状を変えることが果たしてすべての人の幸せなのだろうか。

そんなことを考えるわたしは現在、自己分析の最中です。