日々の気づき from ベルビューカレッジ

Bellevue College(ベルビューカレッジ)に通う女のリアルな日常。

留学の目的に対する自分なりの答え

なぜ留学がしたいのか。留学の目的を探す日々

高校生のときから大学で絶対に留学したい、英語を話せるようになりたいと思っていた。でもなんで留学したいかと聞かれてもずっとなんでかわからなかった。

だから大学の成績も欧米の大学の交換留学の基準には届いてなかったし、奨学金を申し込む書類も埋めることができなかった。何千字も書けるほど理由が探せなかった。
もちろん英語は話せるようになりたいし異文化を理解したい。これが理由?べつにそこまでしたいことじゃない。心の底から湧き上がるモチベーションはない。

そこで一番しっくりきた答えが「やってみたかった。留学をしてみたかった。」以上。

なんでとかはない。留学が目的ではいけないとさんざん言われ、無理やり理由を作った。理由がわからなくて、何度も"留学 目的"ってGoogle検索もした。これいいじゃんってしっくりきた項目を自分の目的リストにピックアップ。

周りの人に聞き、いい答えを探そうとする日々。人の目的を真似しようなんておかしいって疑問を持ちながら留学について考えるきっかけがある度に目的を探そうとした。結局見つからず大学3年生。

3年の秋、就活を考え、このまま就職したらずっとこの後悔を持って生きていくことになると思い、親に頼る決意をし大学は休学して留学。

留学をしなきゃいけない理由も留学を通して達成したい目的もないのにどうしても留学がしたかった。その思いだけはとても強くてどうしても捨てきれなかった。なぜってなに?やりたいからやりたいの!。理由?どうしても行きたいって思うから。そんだけ。
昔からなんでもやってみたいと思う性格だった。いつもなぜやってみたいかという理由はない。やったことがないから試してみたい、やったことがないというのが嫌だという好奇心一択。


だから正直なわたしの留学の目的は好奇心を満たすことと人生で後悔を残さないこと

留学にきた今、ほんとうに来てよかったって思ってる。なんなら今のところの人生で後悔はもうないくらい。
留学というイベントがやれてよかった。好奇心も満たされ、後悔もなくなり本来の目的は達成。

苦労して留学にきた人が聞いたらわたしに対してむかつくかもしれない。
苦労してでも留学したいって思えるなにか成し遂げたいことがある人は幸せなことだと思う。嫌味とかではなく。

 

目的がないなら目標を作る。


まともな目的を持たずに留学にきた自分の気持ちを認め、はじめて気づいた留学の"目標"を"作る"必要性。探すんじゃない。とりあえず"作る"
のだ。

なぜなら留学をする前もした後もなんで留学したの?という質問はずっと付きまとってくるから。留学中にモチベーションを失ってしまうから。
答えを持ってないと聞かれたときに困るし、中途半端な人間だと思われる。強い目的を持っている人を見ると自己嫌悪に陥る。また、自分でもなにをしていいかわからなくなる。留学生活の道筋が必要だ。

 

だからこっちにきて作った。目的ではなく目標を。
①アメリカのビジネス環境を知る
②異文化ってなに?
③自分探し
④英語力 TOEIC900点

以上。

 

①ビジネス環境を知りたい

とくにビジネス環境を知ることに重きを置くことにした。日本の大学のゼミでアメリカ企業と日本企業の比較を多数やってきた。しかし、なぜアメリカ企業でうまくいっていることが日本企業ではうまくいかないのか想像でしかわからなかった。本から企業文化を理解するのは難しい。企業戦略にそれぞれの国の文化が反映されているのは間違いない。それを知る。アメリカ企業に共通する文化をなにか見つけたい。
あとは働き方の違い。日本が残業が多いのはほんとうなのか。なぜ効率が悪いと言われるのか。ゼミでもアメリカ企業はROEが高いとさんざんやってきたのでその理由を探りたい。
この自分なりの答えを見つけることがひとつ。

 

②異文化ってなに?

よく言われる"異文化理解"。日本にいると日本人という同民族しかいない。協調性がある。言わないでもお互い分かり合える文化だ。だから日本にいて文化の違いを意識することは基本ない。ああ、これが文化の違いねっていうのを見つける。


自分の意見を言う、言わなきゃ伝わらない文化に自分を置いて世界でやっていける人になりたーーい!

 

③自分探し

自分探しはどんどん進んでる。日本では時間があればバイトと遊びを入れてきっつきつだったからなにがしたいのかなんて考えたことはほぼなかった。
考える時間がある留学中。ありがたい。
こんな誰得?なつまらないことを書くくらいには時間がある。

 

④英語力

絶対英語を話せます!って言えるようになって帰ります!!ビジネスに重きをおく留学になる予定(すでになってる)けどやっぱりわたしの目的は英語。最近それを忘れがちだからしっかりしなきゃ〜って反省です。もっと話さなきゃ、勉強しなきゃって危機感を感じなきゃだめだなあ。日常生活で困ってないから焦らない。秋学期なんかしよ。

 

留学中の目標はまあそんなとこ。自分の指標ってとこかな。これをしたいんじゃないの?ってたまに問いかけると、誤ってた道から正しい道に戻れる。


英語力って意味では外人とバーとか行くべきなんだろうけどなーんか好きじゃないし夜遅くまで遊ぶの嫌いだし帰っちゃうんだよなあ。やるべきこととやりたいことのバランスが難しい。

 

うその留学の目的を作っていたらなあ。


今となって反省するのは、留学の目的を作っておけばよかったってこと。嘘をならべ、やる気を提示し自分の成績でもいける交換留学や奨学金に申し込むのもありだったと思う。

もし大学2年生に戻ったらそうする。真面目に考えすぎて目的を作るなんて発想はなかった。いくらいい目的を聞いても、いやあそれは違うな、そんなやりたいと思ってないしなあ。わからん!ってなっていた。

ばかだな。なんだっていいんだよ、人に語る目的なんて。割り切りが足りなかったことを反省。
そのときの目的は留学や奨学金に申し込むことと割り切るべきだった。目的が違ったはずなのにそこに気づかなかった。

 

立派な目的なくてもいいじゃん

もちろん留学に立派な目的を持てたらそれは最高だがわたしのように明確に定まった強い目的のない人は、やりたかったから!っていう目的でもいいんじゃないかって思う。


目的がないと無意味な留学になるよと何度も言われたが少なくともわたしは目標を立てれば頑張れる。せっかくアメリカに来てるからって思えば自分を律することもできる。
留学に行きたいって思いのある人は来ちゃえばがんばると思うなあ。


自分で来たいと思わなければやらないだろうけど。


留学の目的がなにかから逃げることだったら、なあなあに過ごしちゃうかもしれないが、行きたくて自分の意思で来たならいいんじゃない?目的なんてなくても!!

 

留学楽しいです。

留学に来て半年経過

留学にきて半年が経過しようとしている。以上に書いた目標は徐々に達成できているので最近新たな目標設定をしているところだ。やりたいことやるべきことは時間とともに変わっていく。常に何がやりたいんだっけ?と自分に問いかけてやりたいことをやれれば満足する留学生活になると思ってる。すーぐに忘れるし気づいたら月日がたっているなんてことばかりだから気をつけて毎日を過ごしていきたい!!

毎日を満足して生きることが人生の目標。寝てばっかりだらだらしてばっかりで行動が伴ってないが毎日満足して生きたいと思ってるんだよなあ。こんな真面目ぶった文章書いている自分に苦笑い。基本怠惰な生活を送っている。

 

もし最後まで読んでくれた人がいたら、ありがとうございます。