日々の気づき from ベルビューカレッジ

Bellevue College(ベルビューカレッジ)に通う女のリアルな日常。

旅行の醍醐味、好奇心の方向

(文脈ぐちゃぐちゃ、読みにくい、意味のわからない、なにが言いたいのかわからないわたしのぐっちゃぐちゃな思考回路を表すブログです)

 

最近友人になぜ旅行に行くのか、行くならなにが楽しいのかと聞かれた。

 

そのときにふと、わたしは好奇心を自分の外の世界に求めているんだなと感じたという話。

 

①旅行が好き
わたしは、時間とお金さえあればできるだけ旅行に行きたい。また、人生のゴールとして将来どんな生活がしたいかと聞かれたら、快適な旅行に行ける生活を送ることと答える。

昔から旅行が大好きだ。しかし、なぜ旅行が好きかとは考えたことなかった。また、旅行をそこまで楽しめない人がいるなんて考えたこともなかった。

だからお金を払ってまで行く価値を感じない人がいることに驚いた。

わたしは体験を買うと思い旅行にお金を払うことには納得している。飲み会にお金が飛んで行くなら旅行がしたいという後悔はよく感じていたが、旅行に行くなら〇〇したかったという後悔をしたことはない。バイト代を旅行に使うことにためらいを感じたことはなかった。


②なぜわたしは旅行が好きなのか。

身体で物事を感じ、今まで頭でイメージしていたものと繋がったときなんとも言えない喜びを感じるからだろう。身体全身で感じ、本当の意味でそのものを知った喜びだ、それが楽しい。

写真で見てたものについに出会えた喜び、その景色、その建造物を感じる喜び、見たことなかった世界を発見した喜びなどたくさんの喜びがかさなる。旅行でしか味わえない楽しさだ。

また、そのときだけではなく、旅行の経験は後々に過去を振り返ったときにも喜びを与えてくれる。
行ったことのある場所の話が後日耳に入ると、自分の見た景色が頭にフラッシュバックされる。そのときの思い出とともに。旅行はそのときだけに限らず、何度も楽しさをくれるのだ。だから旅行のその日にお金を払っているのではない。何倍もの価値がある。

どこかに行き体験する非日常の物事は全身全霊で感じていることが多く、忘れにくい。身体で感じると脳への刺激が大きいから忘れにくいのだろう。だから何度も楽しめるのだ。

これからも旅行にいって喜びを得て、人生を濃いものにしたい。楽しみを感じる機会を増やしたい。
おそらく旅行など外界に楽しみを求めるわたしは、好奇心が自分の外に向いている。自分に関心を持つより外界に楽しみを見つけることが多い。外界と接し、関係を持つことが楽しい。
その関係の中での発見が好きだ。

自分でなにか成し遂げたいとかいう感情はそこまで強くない。あまり粘り強くもない。そんなに成果にこだわりを持てない。負けず嫌いでもない。
むしろ周りの人と一緒に喜びを分かち合いたいし、人が喜んでればわたしも幸せだ。人と話してれば幸せだ。

そこまで達成欲求がない理由がなんとなくわかった。あんまり自分の能力に関心がない。


③旅行に価値を置かない人とは

個人的な見解だが、旅行をそこまで好まない、体験に価値を感じない人は身体より頭が先行する人に多いように思う。

それぞれの旅行の目的は〇〇の建物を見ること。とか、〇〇の景色を見ること。となっていることが多い。これに対してなら写真や動画で見れば十分じゃんという意見があるのもまあわかる。お金かけてまでやりたくないというのもまあわかる。

わかるけど同意はしない。だってわたしは自分の目でその〇〇が見たいし雰囲気を感じたいんだもん。匂いを感じたり、大きさを感じたりは行かなきゃできないことだ。それをやりたいと思うかはその人次第。旅行をあまり好まない人は体で感じるというより頭で物事を感じる人なんだと思う。

そもそも、旅行とは行ったことのない場所、人、空間と出会うことであろう。自分とその空間との出会いなのだ。

この出会いに関心がなければ旅行はただのお金の浪費だ。だって、写真で見る景色も実際に目で見る景色も同じものには違いない。

だから、身体で感じるより頭で考える判断することに重きをおく人には旅行より日々の成果の方がよっぽどおもしろく意味のあるものなのだろう。旅行に価値を置かないわけだ。

彼らの好奇心は彼らの中にあり、彼らの内に向かっているのだろう。彼らは好奇心を満たすために彼ら自身でなにかをするように思う。そのような人が達成感をなによりの喜びとし、負けず嫌いな人になるのかもしれない。うらやましい限りだ。

 

 

思い、感じるままに文書にしているのでなにを言いたいのかよくわからないが

とりあえず自分の内部の充実を好む人と外との関係性を重視するタイプがいてわたしは後者。

だから身体で外界を感じる旅行が好き。以上。